ローンカードの使い方 > クレジットについて

クレジットについて

「ローン」がお金の貸し借りの約束であるのに対し、「クレジット」は、商品を買ったり、サービスを受けたりした際に、その代金を後で支払う約束のことで、「信用」によって成り立っています。
クレジット(Credit)の意味は「信用」です。

「クレジット」にも、ローンと同じように、利用限度額の範囲内なら、いつでも何回でも利用できる方式のいわゆるクレジットカードと、利用するたびに契約書を取り交わす方式があります。
クレジットカードは日常生活のなかで、買い物やレストランでの食事などに多く利用されるのに対して、後者はより高額な買い物に多く利用される傾向があります。

クレジットカードには次のような機能があります。
(1)支払機能
クレジットカードを使用して売上票にサインをすることで、商品を購入したり、サービスを受けたりすることができます。
クレジットカードには、「今現在はお金がないからカードで支払う」使い方と、「お金はあるが、現金を持ち歩きたくないなどの理由でカードで支払う」という使い方があります。

多くのクレジットカードが、国内だけでなく海外でも使うことができます。国によっては治安が悪く危険な場所が多いところもあるので、特に海外では現金よりもクレジットカードを使用した方が安全な場合もあります。

(2)借入機能
クレジットカードには、借入機能が付与されていて、カードローンと同様に利用限度額まで、ATM等でお金を借りることができます。

(3)ID機能
身分証明としての機能も有しています。海外でレンタカーを借りようと考えた場合、クレジットカードがないと借りられないケースがほとんどです。クレジットカード会員であることがカードによっ て証明されれば、その人は支払い能力があり信用できると判断されるということです。

(4)その他の付帯サービス
クレジットカードを見せれば代金の割引が受けられる割引サービスや、利用金額に応じてもらえるポイントを貯めると景品などがもらえるポイントサービス、旅行、レストラン、劇場などの予約サービスなどがあります。

また、盗難保険のほか、旅行保険、カードで買った商品の破損などを補償する保険など、各種保険が付いているクレジットカードもあります。