ローンカードの使い方 > 契約書について

契約書について

現金での買い物に対して、ローンやクレジットは、お金や商品代金を先に借りて、後で返済をしていくという約束です。なので、借りたお金を返すという約束が実行されるのは必ず後日になります。

なので、契約した内容を契約書に記載し、後日お互いに行き違いがないようにする必要があります。契約書に記載した内容は当事者が約束したという証拠という事になります。
したがって、契約書にはふつうすべての当事者が署名や捺印を行います。

契約書に署名する際には、その内容をよく確認し、契約書や写しは契約関係が終了するまで、ローンやクレジットでは、すべての返済が終わるまでの間は大切に保管しておく必要があります。
いったん成立した契約を後から取消すことは、原則できません。

例外的に解約できるのは、次のような場合になります。
①当事者が解約することで合意した場合
②契約で定めた約束を相手が守らない場合
③未婚の未成年者が親権者(一般的には親)の同意を得ないで債務を負う契約をした場合
④騙されたり、脅かされたなどの事情があって、正常な意思表示による契約ではないと認められる場合
⑤クーリング・オフが認められる場合
⑥消費者契約法により認められる場合


契約で定めた約束を相手が実行してくれない、契約不履行となった場合には、裁判所に訴えて約束
を守るように強制してもらうことができます。これを強制執行といい、約束を守らない人の財産を差し押さえて売却するなどの方法がとられます。また、相手が契約で定めた約束を実行してくれない
ために損害を受けた場合には、その賠償金を支払うように求めることもできます。
ローンやクレジットの返済が遅れた場合の賠償金である遅延損害金の契約で定めておかれています。